後藤 修身 フォトグラファー(男性)
1987年に初めてビルマにやってきて以来ずっとこの国にはまっています。そして2012年からヤンゴンの住人になりました。変わっていくミャンマー、ヤンゴンの姿を見続けていきます。

ジャパン・ミャンマー・プエドー2017、平原綾香が出演

来年2月にまたまたジャパン・ミャンマー・プエドー(Japan Myanmar Pwe Taw)がヤンゴンで開かれる。前回(2016年2月)出演した平原綾香が2年連続で今度も出演する。

このジャパン・ミャンマー・プエドー、今度で3回目。昼間は日本食の屋台や文化紹介などのブースもあり、夜は日本とミャンマーのミュージシャンによる野外コンサート。一日中楽しめるプエドー(祭り)だ。

続きを読む

ミャンマー国立交響楽団によるクリスマスコンサート

山本祐ノ介氏のサポートによるミャンマー国立交響楽団のクラシックコンサートが12月17日に開かれます。今度で第3回目、今回はクリスマスコンサートとして、日本人、ミャンマー人の一般市民による合唱のコラボレーションも予定されてます。

続きを読む

銀行のビニール袋と1,000チャット札の謎

10月にアパートの更新をした。ミャンマーでは家賃は1年前払いが普通。私が借りているアパートは月に35万チャット(約3万円)なので、1年分で420万チャット(約36万円)になる。さすがにこれだけの手持ちの現金はないので、銀行でおろした。銀行で渡されたのがずっしりと重いビニール袋だった。

続きを読む
タグ:

ミャワディに行ってきた(3)〜国境の巨大中古車市場

ミャワディには不思議な車があった。ナンバープレートが普通ではないのだ。ミャンマーのナンバープレートは2段になっていて、上にたとえば YGN (ヤンゴンの略)などと地域の略号があり、下に番号かある。ミャワディはカレン州(カイン州)なので、上段には KYN という略号がなければいけない。しかし、略号が何もなく単に番号だけのナンバープレートが非常に多いのだ。

続きを読む

ミャワディに行ってきた(2)~国境の Japanese Used Shop

ミャワディに行こうと思ったのは、実は日本人の友人WさんとKさんから話を聞いたのがきっかけだった。古道具が大好きなWさん、ミャワディにKさんと行ったときにメーソート側で日本の古い湯呑みやツボや人形を大量に置いている店を見つけたというのだ。いくつも同じような店があるという。おまけにイミグレを通らずに自由に行き来しているとのこと。そりゃ面白い!

続きを読む

ミャワディに行ってきた(1)〜タイのメーソートはミャンマー人でいっぱい

タイ国境の町、ミャワディに行ってきた。ミャワディからタウンイン(タイ語ではムーイ)川という小さな川を渡るとタイのメーソートだ。今は外国人もこの国境から正規に出入国できる。

ヤンゴンからミャワディまでは毎日バスが出ている。今回乗ったバスはヤンゴンを夜8時半発でミャワディに朝6時半に着いた。帰りは、朝10時ミャワディ発で、ヤンゴンに夜9時ごろ到着だった。

続きを読む
タグ:

関連記事