セインタロンを食べると不幸?

毎日毎日コロナコロナのミャンマーだったが、最近やっと元の姿を取り戻しつつある。それに呼応するように季節は巡り、雨季に入ってきた。この暑季から雨季にかけてミャンマーの市場に姿を現すのがマンゴーだ。

日本にいたころはマンゴーの種類なんてほとんど知らなかったし、どれを食べても(高いのでたまーにしか食べられなかったが)美味いと思っていた。

続きを読む

The Central Boulevard 内のレストラン、Locale Cafe に行ってきました

今日のエンヤンミーティング会場は、Locale Cafe。インヤ湖の東という好立地開発プロジェクト、The Central の一部、The Central Boulevard にあります。

続きを読む
タグ:

ンガタラウッ(イリッシュ, ヒルサ)の塩焼きはサバの塩焼きを超えるか?

以前のブログ記事で、ミャンマーの高級魚ンガタラウッ(ငါးသလောက်)について書いた。このときの料理方法はミャンマーで一般的な煮魚だったが、サバの味噌煮に似てなかなかうまかった。しかし、日本人としては魚はやはり刺し身か焼き魚だ。さすがにミャンマーの魚で刺し身はやばそうなので、焼き魚に挑戦することにした。

続きを読む
タグ:

ヤンゴンの年越しはクルフィ マライ(アイスクリーム)で

今年の大晦日は去年より静かだ。近くでやっていた年越し野外コンサートの会場が他の場所に移ったからだろう。静かになるといつもの物売りの声も聞こえてくる。ちょっと哀愁を帯びた男の声が響いてきた。
「クルフィ マラーーーイ、クルフィ マラーーーイ」

続きを読む

ミャンマーの餅、赤紫色のコーボウッ

何年か前にミャンマー人の知り合いからモチをもらった。コーボウッ(ခေါပုပ်)と呼ばれるそのモチはシャン州のおみやげで、なかなか美味かった。それを思い出し、ヤンゴンでも手に入らないか探した。ヤンゴンでは八百屋で売っているという話だ。近所にある路上八百屋で聞いてみた。

続きを読む

フライデーナイトはシャン料理店 Nam Su で

今回のエンヤンミーティングはダウンタウンのボーガレーゼー通りに新しく出来たシャン料理店Nam Su。店名のNam Suはシャンの言葉で「お酢」を表しているとのこと。ここで使っているお酢はもち米とサトウキビを使った手作りという、こだわりのシャン料理店です。

続きを読む

関連記事