後藤 修身 フォトグラファー(男性)
1987年に初めてビルマにやってきて以来ずっとこの国にはまっています。そして2012年からヤンゴンの住人になりました。変わっていくミャンマー、ヤンゴンの姿を見続けていきます。

ヤンゴンのヤクルトおばさん(ヤクルトレディ)

近くにあるイミグレ事務所からの帰り道、大きなキャリーバックを引いた女性が前から歩いてきた。赤いポロシャツに赤い帽子に赤い大きなバック、帽子には見慣れたロゴ Yakult と書かれていた。ヤクルトおばさんだ。ここ2週間ほどでヤクルトおばさんと外で出会ったのは3回目だった。

続きを読む
タグ:

ミャンマー語(ビルマ語)のフォントがZawgyiからUnicodeへ大改革

日本では10月1日は消費税アップの日だが、ミャンマーではミャンマー語(ビルマ語)フォントの大改革が始まった記念すべき日だ。ミャンマーでパソコンやスマホで使うミャンマー語フォントは、ほとんどの人がZawgyi(ゾージー)と呼ばれるフォントを使っている。これを世界標準のUnicode(ユニコード)に準拠したミャンマー語フォントに変えようとやっと国が動き出したのだ。

続きを読む

バンコクのミャンマー大使館、ビザの即日発給がなくなった

ミャンマーのビザの書き換えをするため、2泊3日でバンコクに行ってきた。私の持っているマルチのソーシャルビザはミャンマー国内で延長するとシングルになってしまうため、最近はバンコクのミャンマー大使館に行くことが多い。AirAsiaの夕方便でバンコクに着いた私は、翌朝、窓口業務が始まる9時のちょっと前に大使館に到着した。待合室にはすでにかなりの人たちが待っていた。

続きを読む

ミャンマーの火葬場では遺骨は廃棄

先日、ミャンマー人の友人のお父さんが亡くなってヤンゴンの火葬場イェウェ(Yay Way)に行ってきた。ヤンゴンには火葬場が全部で4ヶ所あり、ここイェウェは最も大きな火葬場だ。近くには長距離バスターミナルや日本人墓地などがあり、ダウンタウンから車で1時間以上かかる。

続きを読む

電気代が大幅値上げ

今年は5月から6月にかけて毎日4時間の計画停電が続いたヤンゴン。突然停電するよりは前もって停電する時間がわかるのはいいのだが、暑い時期に毎日4時間ともなるとさすがにきつい。まだ計画停電が続くのかと思っていた6月に突然のニユース、電気代の大幅値上げだった。

続きを読む

イェナンジャウン(Yenangyaung)、石油のせせらぎ

ミャンマーに、王朝時代の昔から石油が採れることで有名なイェナンジャウンという町がある。イギリス植民地時代には大々的に油田開発されたが、第2次世界大戦時、日本軍とイギリス軍との攻防により大きく破壊された。という歴史を持つイェナンジャウンだが、今でも量は少なくなったといえ石油が採掘されている。

続きを読む

関連記事