独立記念日と運動会

gt_20190104_1135_07912

朝9時ごろ、外から大きな声が聞こえてきて目が覚めた。窓の下を見るとアパートの棟の間にある中庭に白いラインが引かれて人がたくさん集まっていた。そういや、今日1月4日はミャンマーの独立記念日だった。人が集まっていたのは独立記念日恒例の運動会だ。

徒競走、ロウソク競争(ロウソクを消さないように早歩きでゴールへ)、着衣競争(早く服を着てゴールへ)、風船割り競争(風船を足で割ってゴールへ)、鬼ごっこのようなものなど、なかなかバラエティーに富んでいた。

独立記念日と運動会、なんの関係があるのか何人かに聞いたがイマイチはっきりしない。1階に住む独立当時を知る80代のおばあちゃんに聞くと、彼女が子供のころからやっていたという。よくわからないがミャンマーでは独立記念日と運動会はセットになっているようだ。

午後5時前には表彰式が始まった。参加した子どもたちが様々な賞品を手にしていた。全員もれなく賞品が行き渡るように調整しているという。表彰式も終わって日が暮れて涼しくなってきた。すると、今度は大人たちが集まって鬼ごっこに似たゲームを始めた。

ミャンマーではこの時期は一番涼しい頃だ。特にヤンゴンあたりでは今の時期以外は年中暑くて運動どころじゃない。一番涼しい独立記念日の頃だからこそ、運動会が始まったのかもしれない。

ミャンマーで一番人気の魚、ンガータラウッ(イリッシュ, ヒルサ)を食べた
10匹目のネズミ
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年01月17日(木)

Captcha画像

関連記事

2015年11月08日
ミャンマーの祝祭日は毎年この時期に発表されます。日にちが決まっている日もあるのですが、満月の関係で日にちが少しずれるものもあるので、翌年の予定はカレンダーが販売されてから決まります。最大の注目点は水祭...