ミャンマーの餅、赤紫色のコーボウッ

ミャンマーのモチ、コーボウッ

何年か前にミャンマー人の知り合いからモチをもらった。コーボウッ(ခေါပုပ်)と呼ばれるそのモチはシャン州のおみやげで、なかなか美味かった。それを思い出し、ヤンゴンでも手に入らないか探した。ヤンゴンでは八百屋で売っているという話だ。近所にある路上八百屋で聞いてみた。

「コーボウッある?」
「あるよ。これ」

と指差したのは葉っぱでくるまれた物体。これがコーボウッだという。

「このコーボウッ、どこから来たの?」
「シャンからだよ」
「ひとついくら?」
「1,500チャット(約110円)」

家に帰って葉っぱを広げると、赤紫色をした物体が現れる。井村屋のあずきバーにそっくりな色だ。赤紫色をしているのはもち米の一種であるンガチェイ(ငချိပ်)を使っているから。こうした色の米は、日本では古代米とか言われている珍しい米だが、ミャンマーでは普通に食べている。もちろん、白いもち米もあるが、なぜかコーボウッでは赤紫色のものが多い。

生乾きのコーボウッは日本のモチと同じで、そのままだと固くて食べられない。1.5cmくらいの厚さに切って油で揚げるのがミャンマースタイルだ。口の中に入れると、もち米の粒の感触がほんの少し残っている。そして、独特の風味をほのかに感じた。これはかなりいける。日本のモチはもち米以外には何も入ってないが、ミャンマーのモチにはもち米以外に何かが入っている。

何人かに聞くと、塩と油とゴマだという。油はミャンマーで一般的なピーナッツ油だ。油が入っているので、モチの表面がちょっとテカっている。あとは塩とゴマだ。ピーナッツ油とゴマのコラボで独特の風味が生まれているようだ。

ヤンゴンでは八百屋でコーボウッを買えるが、他にも意外な場所でコーボウッを売っている。Facebookだ。ミャンマーではインターネットというとFacebook。メールもGoogle検索も使ったことがないけど、Facebookは毎日使っているという人が多い。ということで、インターネットショップもFacebookの中にある。

Facebook上の店に注文してみた。翌々日には自転車で配達に来た。コーボウッが半ペイタ(約800g)で4,000チャット(約290円)、配達料が1,000チャット(約70円)だった。包みを開けると、葉っぱに包まれたコーボウッが出てきた。色は八百屋で売っているものよりもかなり濃い。日本だと黒米と呼ばれているものと似ている。味は八百屋のものと同じで、こちらもおいしくいただいた。

ヤンゴンではシャン料理の店に行くと、メニューの中にコーボウッを見つけることが多い。すり胡麻や砂糖と一緒に出てくるので好みでかけて食べる。でも、コーボウッ自体に味がついているので何もつけなくても美味しい。

コーボウッはシャン州以外の地方でもよく見かける。イェナンジャウンでは、市場で買った赤白のコーボウッを昼食で寄ったレストランで揚げてもらった。

こちらはピンレブーの市場で売っているコーボウッ。形が日本の丸餅にそっくり。それに、油で揚げるのではなく炭火で焼いていた。

ところで、シャンではコーボウッのことはカオプックと呼ばれている。カオが米でプックが叩く(つく?)という意味だという。このカオプックが訛ってコーボウッとミャンマー語(ビルマ語)化したわけだ。他の呼び方(こちらが正式な名称らしい)で、カオタムンガというのがある。カオが米、タムが叩く(つく?)、ンガがゴマという意味という。やはりゴマが入るのがコーボウッの特徴のようだ。

また、カチンにも独自のモチがある。カチン語(ジンポー語)ではパパと呼ばれている。色も白と紫色の2種類ある。ゴマをふりかけたり、中にヤシ砂糖を入れたり、スィードーフ(腐乳の一種)をつけて食べたりするという。

ちょうど冷蔵庫の中にコーボウッとスィードーフがあった。試してみると、これはまた格別の味。ミャンマーの正月はこれで決まりだ。 

 

ヤンゴンの年越しはクルフィ マライ(アイスクリーム)で
フライデーナイトはシャン料理店 Nam Su で
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年02月24日(月)

Captcha画像

関連記事

2019年11月14日

11月7日にオープンしたての、日本のパン屋さん「北海道工房」。Ngu Wahホテルの1階にあるお店は、まさに「日本のカフェベーカリー」という感じで期待が高まります。

2016年08月17日

雨季真っ只中のミャンマー。レストランが雨後の竹の子のように増殖中のヤンゴンでは色々なキャンペーンが行われていますのでいくつかご紹介します。

2016年09月29日
ミャンマー人の友人が近江牛のイベントを開くというので行ってきた。場所はチャトリアムホテルの近くにある、王様というしゃぶしゃぶ・焼肉の店。最近、ミャンマーでも日本食が人気でヤンゴンには日本食レストランが...