バホー通りで見つけたお洒落な花壇

ch_20200630_1554_155402

先日、ヤンゴン地域で最後まで自宅待機措置になっていたインセイン地区の待機処置が解除されたので、インセインがある北の方に行ってみようと出かけました。

ちょっと前までバハン地区やマヤンゴン地区も自宅待機措置をやってたけど普通に行ったり出たりできていたし、私の感覚では6月以降ヤンゴンで生活するにあたって何の不便も感じてませんでした。市内の人々はコロナを忘れ気味になっているんじゃないかと思うくらいなので、今更インセイン地区が解除されたといってもなにも変わっていない気がしました。

お昼すぎに出かけてバホー通りを北に上がって行ったのですが、すでに道は渋滞気味。多分、朝と夕方は以前のようにギチギチの渋滞になっているんじゃないかと予想できます。これ以上、北に行っても何もないというのは知っていたので、インセイン手前で北に進むのをあきらめました。

来た道を戻る途中、バホー通りのイオンの前でとっても素敵な花壇を見つけました。等間隔においてある花壇にはミャンマーならではの絵が描かれています。

本当にかわいくて素敵で欲しい!!

あー、誰が設置したんだろう。インタビューしたい!

と思いながらも渋滞の中、車のガラス越しに楽しんで帰ってきました。小さな幸せ・バホー通りの花壇。

ヤンゴンに残って暇を持て余している方はぜひ見に行ってみてください。(マスクはお忘れなく)

 

自宅待機措置(Stay at Home)が徐々に緩んできたヤンゴン
寺子屋緊急支援のチャリティーコンサート
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年10月29日(木)

Captcha画像

関連記事

2016年06月13日
昨日、ボージョーマーケットの裏にあるヨーミンジー通りを歩いていると、プープープープーという断続的なクラクションの音に振り返った。おおお、これは紛れもないレッカー車。ちょうどワゴン車を引っ張っていくとこ...
2018年10月10日
雨季真っ最中の9月のことだった。ミャンマー人の友人が仕事のために車をチャーターしてヤンゴンからネピドーに向かった。車はクラウン、乗り込んだのは友人と友人の会社のスタッフだ。ヤンゴン・マンダレー高速道路...