ミャンマーの空港、国際旅客便が全面停止

5d2_20121227_013

今日のミャンマー政府の通達で、明日3月30日23時59分(ミャンマー時間)以降、ミャンマーの全ての空港で国際旅客便がストップすることになった。

ミャンマーの交通通信省 航空局から出された通達がこちら。

 

DeepLという翻訳サイトを利用して翻訳してみた。 

1. 保健スポーツ省は、2020年3月29日に添付の通達を発出し、空路でのミャンマーへのCOVID-19の流入を防止するため、以下の臨時措置を講じることとした。

1.1 ミャンマー国内のいずれかの空港への着陸は、すべての国際線商業旅客便では認められない。

1.2 これまで民間航空局によって許可されていたすべての着陸許可は停止される。

2.上記の一時措置は、救援便、全貨物便、医療避難便、および民間航空局によって特別に承認された便には適用されない。ただし、そのような便が夜間停泊を伴う場合、当該便の乗務員および客室乗務員(該当する場合)は、保健スポーツ省の検疫要件の対象となる場合がある。

3: この一時措置は、2020年3月30日のミャンマー標準時(MST)2359分から2020年4月13日のMST23時59分まで有効である。

もちろん、成田・ヤンゴンを飛ぶANAの直行便も対象だ。

3月17日から減便しているANA直行便だが、最近はミャンマーから日本に帰国する人たちで毎日ほぼ満席状態だった。また、予約も4月中旬すぎまでほぼ埋まっている。帰国できない日本人がまだミャンマーにたくさんいるのだ。

と書いていたところ、在ミャンマー日本大使館からメールが来た。

本日,ミャンマーの空港における着陸禁止措置についてお知らせしましたが,当地全日空,日本大使館,ミャンマー運輸・通信省との間で協議を行い,3月31日のヤンゴン発の成田行きNH814便は予定どおり運航される方向で調整中です。

なお,4月1日以降のヤンゴンから成田に向かう帰国便についても,現在,ミャンマー政府と協議を引き続き行っており,その状況については,随時,在留邦人の皆様にご連絡致します。

とのことだ。現在のところ調整中ということなので、実際にどうなるかはまだ決定していない。

今回のコロナウイルスに関して、在留届を出したミャンマー在住の日本人には、大使館から重要な情報が平日休日に関わらずメールで即時配信されてくる。とてもありがたい。

ヤンゴン発成田行きのANA直行便、4月13日まで運行できる見通し
新型コロナウイルス感染者、ミャンマーは未だゼロ
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2021年02月27日(土)

Captcha画像

関連記事

2020年12月20日
新型コロナウイルスの第二波が長引くヤンゴン、まじめにStay at Homeし、タクシーでの移動も数カ月控えていました。今日、急ぎ一人で出かけなければいけなくなり外に出たところ、丁度来たタクシーが、窓...
2020年12月14日

ミャンマーでは国内旅客便が9月11日から全面運休していたが、12月16日から再開することになった。搭乗条件や移動後の隔離等の詳細については、この後発表されるものと思われる。

2021年01月02日

新しい年を迎えました。皆様にとりまして穏やかで幸せな一年になりますよう願っています。本年もEnjoy Yangonをどうぞよろしくお願い致します。

2020年12月23日
日本に住む友人がANAの直行便でヤンゴンにやってきた。空港からホテルへ直行した友人は新型コロナウイルス対策のための隔離生活に入った。一切の外出が認められていない友人に差し入れを持っていこうと、パークロ...
2020年10月25日
東南アジアの中でも新型コロナウイルスの感染者が比較的少なかっったミャンマーだが、9月に入って急に増えてきた。そのため、ヤンゴンでは9月21日から自宅待機措置(Stay at Home)が始まった。...
2020年04月13日
新型コロナウイルスの影響で、ミャンマーは3月31日から4月13日まで国際旅客便を全て停止していたが、これが4月30日まで延長された。こちらが保健スポーツ省から出された通達。...