ジャパン・ミャンマー・プエドー2017、平原綾香が出演

ジャパン・ミャンマー・プエドー2017、平原綾香が出演

来年2月にまたまたジャパン・ミャンマー・プエドー(Japan Myanmar Pwe Taw)がヤンゴンで開かれる。前回(2016年2月)出演した平原綾香が2年連続で今度も出演する。

このジャパン・ミャンマー・プエドー、今度で3回目。昼間は日本食の屋台や文化紹介などのブースもあり、夜は日本とミャンマーのミュージシャンによる野外コンサート。一日中楽しめるプエドー(祭り)だ。

ジャパンプエ

日本側参加ミュージシャン

まずは平原綾香。前回のコンサートは彼女にとって初めてのミャンマーだったが、最初の曲、Jupiter ですぐにミャンマー人の心を捉えた。観客席から「アーヤ」コールが上がったり、リリース予定の新曲を世界初公開したりというサプライズもあった。最後はニーニーキンゾー (Ni Ni Khin Zaw) とKiroroの「未来へ」をデュエットで歌い、大いに盛り上がった。

日本からの出演者は他にもいる。まず、ダンスボーカルユニットのPrizmaX。ボーカル担当の森崎ウィンは何とミャンマー人だ。子供の頃、両親とともに日本に渡ったという。それに、今年彼はスティーブン・スピルバーグの新作映画「Ready Player One」に主要キャストの一人として出演した。日本、アメリカ、ミャンマーと、世界に羽ばたこうとしている森崎ウィンは注目の一人だ。

次に、TRIQSTAR(Da-Yoshi & Tsutom) feat. Geisha というダンスユニット。知らなかったので、Youtubeで見てみた。斬新でレベルの高いダンスだ。彼らのステージもぜひ見たくなった。

ミャンマー側ミュージシャンも多彩

そして、ミャンマー側の出演者。まず、去年と同じくニーニーキンゾー(Ni Ni Khin Zaw)。彼女は実力も人気もミャンマートップクラスのポップス歌手だ。親しみやすいキャラクターで幅広い年齢層のファンがいる。前回のコンサートではトリを勤めた。

アムーン(Ah Moon)はミャンマー初のガールズグループの一員だった。ソロになってからは、露出の多い衣装とセクシーな振り付けで注目の的となった。そうしたスタイルはミャンマーらしくないと、一部では論争の的になっているが、若い人には人気だ。

ピューピューチョーテイン(Phyu Phyu Kyaw Thein)はドラマチックで力強いボーカルで人気の正統派女性ポップス歌手だ。全身で歌う彼女の姿を見て、小さな体でどこにそんなパワーがあるのかと思う。

そして、ターソー(Thxa Soe)。エレクトロ・ハウス系とミャンマー伝統芸能をミックスしたという異色のミュージシャンだ。オリジナリティーあふれインパクトも非常に強い。彼がどういうステージを見せるか興味津々だ。

最後に、男性歌手のラーラー(Lah Lah)。人気の視聴者参加番組「Myanmar Idol」で勝ち上がって最近人気上昇中。彼の名前を知らなかったのでYoutubeで見た。しっとり聞かせる1970年代の正統派ボーカリストという雰囲気だ。

というように、ミャンマー側のミュージシャンも多彩な顔ぶれだ。彼らの音楽はYouTubeにアップされているので、興味のある人はぜひ検索してほしい。

コンサートの模様は地上波テレビ局 MNTV がミャンマー全土に生中継する予定だ。

なお、前回(2016年2月)のジャパン・ミャンマー・プエドーの様子はこちら。
「ミャンマーの夜空に平原綾香の歌が響く。TEMPURA KIDZも熱演」

 

ジャパン・ミャンマー・プエドー2017 概要
  • 会場
    シュエトゥティン(スカイスターホテル隣接)野外特設ステージ
  • 会期
    2017年2月4日(土) 12:00~22:00
    特設ステージ 昼の部(15:00〜17:00) 日緬の市民による交流イベント
           夜の部(18:00〜22:00) 日緬の人気アーティストによるスペシャルステージ
  • 主催
    ジャパン・ミャンマー・プエドー2017 実行委員会
    (在ミャンマー日本国大使館、ミャンマー日本商工会議所、ヤンゴン日本人会、シュエ・タン・ルイン・メディア社、NHK、日本国際放送、NHK エンタープライズ)
  • 共催
    国際交流基金アジアセンター
  • 協力
    BEAJ(一般社団法人 放送コンテンツ海外展開促進機構)
  • 入場料
    無料

 

出演者
  • 日本
    平原綾香
    PrizmaX
    TRIQSTAR(Da-Yoshi & Tsutom) feat. Geisha
  • ミャンマー
    ピューピューチョーテイン / Phyu Phyu Kyaw Thein
    ニーニーキンゾー / Ni Ni Khin Zaw
    アムーン / Ah Moon
    ター ソー / Thxa Soe
    ラーラー / Lah Lah

 

ミャンマー交響楽団クリスマスコンサートに行ってきた
ミャンマー国立交響楽団によるクリスマスコンサート
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年07月05日(日)

Captcha画像

関連記事

2015年04月15日
新年を祝うミャンマーの水かけ祭り、今年2015年もやってきた。家から歩いて10分くらいのところに Sky Net(ミャンマーの衛星放送)の水かけ用マンダ(仮設ステージ)があるので、行ってみることにした...
2016年02月21日
「Japan Myamar Pwe Taw 2016(ジャパンミャンマープエドー2016)」のポスターをもらった。「プエドー」とはビルマ語で「祭り」を意味する言葉だ。2014年12月に第1回 Japa...
2016年02月26日
日曜日のジャパンミャンマープエドーのステージは夜7時からはじまる。平原綾香の登場は9:45から。30分のソロステージの後にニニキンゾーの30分のステージ。10:45に二人で「未来へ」のデュエットでフィ...
2015年06月16日
シンガポールで SEA Game (東南アジア競技大会)が開かれている。その SEA Game で一番人気のサッカーで何とミャンマーが決勝に出場した。準決勝ではベトナムに押し込まれていたが結果は2-1...
2018年03月11日
ミャンマーにはトラックに乗って村を巡りながら演奏する楽団があるというのは昔から聞いていた。ぜひ見に行きたいと思いながら初めて見たのが3年前の2015年4月、古くからの友人、石谷さんと兵頭さんが一緒だっ...
2015年12月22日
「あみぐるみ」という言葉、最近まで知らなかった。「編む」と「ぬいぐるみ」から作られた造語らしい。このあみぐるみ、日本だけじゃなくて amigurumi というそのままの名前で世界的に人気になっているら...