ミャンマー交響楽団クリスマスコンサートに行ってきた

ミャンマー交響楽団クリスマスコンサートに行ってきた

12月17日の土曜日、国立劇場で行われたミャンマー交響楽団によるクリスマスコンサートに行ってきた。国立劇場は私が住むアパートのすぐ近く、徒歩5分くらいのところにある。開場は午後6時だがまだ明るさが残る5時半に国立劇場に向かった。

指揮者、チェリストである山本祐ノ介さんがサポートするミャンマー交響楽団のコンサートも今回で3回目。前回の公演は今年の1月22日に行われ、その様子を書いた自分のブログ記事は「また1年後のコンサートを聴きに来よう」で終わっていた。その通り、今回もやってきた。

山本祐ノ介さんの指揮で演奏が始まった。ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」だ。おっ、前回よりかなり上手くなった? 特に、バイオリンやチェロの弦楽器がかなり聴かせる。管楽器の音がときどき微妙に外れているのはご愛嬌だ。第一楽章だけかと思っていたら、何と全楽章を演奏した。全部で50分近く、大きな拍手で演奏が終わった。

休憩をはさみ、小山京子さんのピアノでコンサート後半が始まった。グリーグのピアノ協奏曲イ短調作品16の第一楽章だ。冒頭の力強いピアノの音に客席が一瞬静かになった。最後は大きな拍手だ。

次に合唱団が登場。ヤンゴンの4つの市民グループによる、ミャンマー人と日本人による混声合唱団だ。まず、クリスマスメロディーから、「きよしこの夜」、「We wish you a Merry Christmas」、「ホワイトクリスマス」、「赤鼻のトナカイ」の4曲。客席では自然に手拍子も生まれ、最後は大歓声だった。

次は日本の曲、「ふるさと」。歌が始まるとなぜか胸のあたりがジーンときた。日本から遠く離れた海外で聴く「ふるさと」は心に染み入る。次はミャンマーの有名女性歌手ニーニーキンゾーが歌う、「ミョーリンチェ・タズンタヤー」。ミャンマーではみんな知っている歌なので、曲が始まってすぐに拍手も起きた。

最後の曲は有名なミャンマーの古い曲、「ミャンマ・セイイン・ミャンマ・シューキン」。曲が始まる前に竪琴奏者の男女が出てきた。有名な演奏者らしく、名前が紹介されると「オー」という声も上がっていた。竪琴の柔らかな響きのイントロで始まった曲は私も聞き覚えのあるメロディーだ。曲が終わり今日一番の大歓声。そのままアンコールへ突入した。

アンコールは「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー」。この曲も終わり、楽しかったクラシックコンサートも終了だ。そして最後の最後はミャンマー恒例の記念写真大会。それも終わり、みな楽しそうに開場を後にしていた。また来年も来よう。

ピザがおいしいParami Pizzaでエンヤンミーティング
ジャパン・ミャンマー・プエドー2017、平原綾香が出演
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年12月06日(金)

Captcha画像

関連記事

2017年12月08日
西川浩平さんは日本の横笛奏者でミャンマーで何度かお会いしたことがある。元々は西洋クラシックのフルート奏者だったが邦楽の横笛奏者に転身したという異色の音楽家だ。その西川さんが、12月10日にジャパンカル...
2017年01月20日
昨年、素敵な音楽で楽しませてくれた、栗コーダカルテット&フレンズが、ヤンゴンに帰ってきます。今年は、栗コーダーカルテット(栗原正己、川口義之、関島岳郎)と、ビューティフルハミングバード(小池光子、田畑...
2016年01月24日
NHK視聴率が非常に高い(笑)ミャンマー在住者!におなじみの栗コーダカルテット、知久寿暁さん(元たまのメンバー)、吉沢実さん(昔、教育テレビ「ふえはうたう」でリコーダーを教えていた先生。リコーダーの日...
2019年02月17日
午後7時から始まったジャパンミャンマープエドーの野外コンサート、時計は8時半を回っていた。ずっと立ちっぱなしで疲れがかなり腰に来始めた頃に日本からやって来た夏川りみの登場となった。今年で5回目になるジ...
2017年10月28日
 ミャンマーで有名なロックミュージシャンであるノーノー、縁あって彼の結婚式に先日(1ヶ月前だが)招待された。招待状を見ると、朝は教会で結婚式が行われ夜は最近オープンしたロッテホテルでの披露宴...
2017年10月30日
教会での結婚式のランチで腹いっぱいになったが、夕方になるとまた腹が減ってきた。何か口に入れたかったがここは我慢だ。というのも、夜7時からロッテホテル(韓国のロッテ資本)で披露宴が待っているからだ。タク...