ここはニューヨーク? ワのレストラン&バー、ルーツ(ROOT)

ここはニューヨーク? ワのレストラン&バー、ルーツ(ROOT)

以前ミャンマーにも住んでいた若手ミャンマー研究者Iさんがひさしぶりにミャンマーにやってきたので、友人たちと「雑談する会」を開いた。場所はつい最近ダウンタウンにオープンしたワのレストラン&バー、ROOTだ。ワというと、何といっても高野さんの傑作「アヘン王国潜入記」。この本でワを知った私は今回の店ROOTに興味津々だった。

マハーバンドゥーラ通りとボウミャットゥン通りの交差点近くにあった。何これ? 阿片窟を想像していたわけではないが、予想とは全然違った。 まるでニューヨークの洒落たバーだ(ニューヨークに行ったことないけど)。大きすぎず小さすぎない店内を控えめな照明が照らしている。中央にはカウンターバー。高そうな酒が並んでいる。その奥には長テーブルがいくつか並んでいる。入り口近くにあったテーブルは大きなチーク材を輪切りしたもの。それを丁寧にニス塗りしている。

 

壁には鹿の角を使った照明、天井には木の根のオブジェ。これが店の名前のROOTを象徴している。どこからかエレクトロっぽい音楽が流れている。見ると、ヤマハのPA用スピーカーだ。スピーカーの後ろの壁には吸音材が貼れていた。うーん、センスといいこだわりといい、すごい。でも、どうしても私の頭の中にあるワのイメージとこの店のイメージが合わない。オーナーに話を聞こうと思ったが、あいにくイギリスに旅行中だった。

きびきびと働いているスタッフに料理を注文することにした。我々の中にワ料理を食べたことのある人はいなかったので、
「ワ料理を食べたことないので、おいしい料理をお願い」
「みんなおいしいです」
ミャンマーのレストランでいつも聞く返事だった。質問が悪かった。
「人気料理を6品ほどお願い」
「まかせて!」
ということで、おまかせで人気料理と食べることにした。干し鹿肉、燒き豚、フライドチキン、魚の丸焼き、ポテトフライ、他になんたらかんたら。ワ料理は辛いという話は聞いていたので、唐辛子は控えめにしてもらった。それでも、かなりスパイシーで、唐辛子以外の香辛料もかなり使われていた。私のお気に入りは鹿肉。生干し鹿肉を香菜と各種スパイスで和えたもの。鹿肉はナガでよく食べたものとよく似て、上品なうまみが詰まっていた。

ワの酒もいろいろ揃えていた。サービスで一杯をいただいた。うまい! 原料のうまみをうまく引き出している。醸造酒と蒸留酒が合わさったような酒だった。スタッフにこの酒の原料を聞いたが、小さな穀物だとしかわからなかった。稗とか粟の類だろうか。他のワ酒を飲みたかったが、最近アルコールを控えている私は一杯だけで我慢した。後はビールだ。

友人たちとの楽しい会話でついついビールを4杯も飲んでしまった。酔いもちょっと回ってきた。そろそろお開きの時間だ。会計を頼むと全部で84,000チャット。一人あたり12,000チャット(約980円)だ。ニューヨークにしては安かった。

 

  • カテゴリー
    ワ料理
  • 店名
    ROOT Kitchen & Bar
    ルーツ
  • 住所
    Bo Myat Htun Road, corner of Maha Bandula Road, Botahtaung Township, Yangon
  • 電話
    09-456 696 695
  • 営業時間
    11:00 - 23:00
  • Facebook
マイクロソフトがミャンマー語の Unicode 移行に協力
ポリ袋入りの牛乳にはご注意を
 

コメント

ゲスト - 大西信吾 投稿日: 2016年11月08日(火)15:41

毎度、本題から外れた話で恐縮です。鹿の角が気になってしまいました。まず、ミャンマーに生息するシカ類には思い当たらない形です。獣医の友人にもメールして検討したところ、二人の暫定意見は、地球上に現存しない鹿、人工物ではなかろうかというところに落ち着きました(まだ化石動物は調べてませんが)。種類によってはワシントン条約で規制されているので、無難なチョイスの装飾だと思います。このあたりもワシントン…ではなくて隣のニューヨークスタンダードか。

毎度、本題から外れた話で恐縮です。鹿の角が気になってしまいました。まず、ミャンマーに生息するシカ類には思い当たらない形です。獣医の友人にもメールして検討したところ、二人の暫定意見は、地球上に現存しない鹿、人工物ではなかろうかというところに落ち着きました(まだ化石動物は調べてませんが)。種類によってはワシントン条約で規制されているので、無難なチョイスの装飾だと思います。このあたりもワシントン…ではなくて隣のニューヨークスタンダードか。
Goto Osami 投稿日: 2016年11月08日(火)16:26

インテリア用の作り物?
はたまた未発見の新種?
オリジナルサイズの写真を送ります。

インテリア用の作り物? はたまた未発見の新種? オリジナルサイズの写真を送ります。
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年09月19日(土)

Captcha画像

関連記事

2019年12月03日
今回のエンヤンミーティングはダウンタウンのボーガレーゼー通りに新しく出来たシャン料理店Nam Su。店名のNam Suはシャンの言葉で「お酢」を表しているとのこと。ここで使っているお酢はもち米とサトウ...
2019年11月16日
今回のエンヤンミーティングはパンデー(Panthay / ပန်းသေး)と呼ばれる中国系ムスリムの店、マンダレーレストランだ。レストランへ向かう途中、タクシーの運転手にマンダレーレストラン知ってる?...
2019年06月19日
今日のエンヤンミーティング会場は、サンチャウンにある カチン(ジンポー)料理店、Jing Hpaw Myay。ミャンマー北部のカチン料理は、ビルマ料理と比べて油が少なく、食材には里芋、タケノコ、納豆な...
2019年02月20日
今日のエンヤンミーティングの会場は、チン料理店Maiサブティ(Mai Sabuti)。店名はチン語で、Mai(Ms.)、サ(肉)、ブ(とうもろこし)、ティ(水)という意味で、2018年11月にオープン...
2018年08月09日
今年6月にオープンした、インセインにあるカレン料理店、Non Tae Ya(ノンテヤ)は、ヤンゴンで唯一のカレン料理だそうです。カレン族とは総称で、ポーカレンとスゴーカレンを中心としていますが、このお...
2017年12月08日
西川浩平さんは日本の横笛奏者でミャンマーで何度かお会いしたことがある。元々は西洋クラシックのフルート奏者だったが邦楽の横笛奏者に転身したという異色の音楽家だ。その西川さんが、12月10日にジャパンカル...