グエサンビーチ 噂の梅カフェに行ってきました

3月の初めにビーチに行ったエンヤンチームは、

「グエサンに行ったらやっぱりここに行かなきゃ!」

と、日本人女性とミャンマー人男性のご夫婦が経営する噂の梅カフェに行きました。b2ap3_thumbnail_1.jpg

梅カフェは、シルバービーチホテルの近くの坂道を上がったところにあります。(グエサンに着いたら左側に進む)

梅カフェと言ったら夜のファイヤーダンスがお勧めということで、まずは予約をしに行きました。

お店に到着し、店内を見渡して一言、「何と素敵なカフェでしょう!」

天然素材をうまく利用した椅子やテーブル、カラフルなクッションンそして流れる音楽もとても心地よく、ヤンゴンにあったら毎日通って何時間も入り浸ってしまうこと間違いなしな、最高の空間がありました。b2ap3_thumbnail_2.jpg

今すぐ、素敵なカフェでのんびりしたい気持ちは山々でしたが、他の予定もあり、その場は後ろ髪引かれる思いでいったん帰りました。

嗚呼、、夜が楽しみ!!

 

そして夜、7時半にファイヤーダンスが始まると行くことで、7時にお店に戻った私達は、目にも楽しいメニューをじっくりみながら美味しそうなお料理を選びます。

b2ap3_thumbnail_3.jpg          b2ap3_thumbnail_4.jpg

そして待つこと1時間、お待ちかねのファイヤーダンスの始まり。

ファイヤーダンスはご主人のソウさんがされるのですが、上半身裸で激しく燃える火がついた鎖や棒を巧みに扱い、踊る姿は映像や写真では絶対に伝えることが出来ない妖艶さ。

              b2ap3_thumbnail_5.jpg

炎が風を切る音と、流れる音楽、闇を照らす炎が見る者を引きつけ離さない。

 b2ap3_thumbnail_6.jpg

そして楽しい時間はあっという間に過ぎ、少しだけオーナー夫妻と話すことが出来たので、いろいろ聞かせてもらいました。

                                 b2ap3_thumbnail_7.jpg

そんな中、一つ心にのこあったことは、現在、旦那さんのお兄さんのお子さんがファイヤーダンスの弟子入りをしているということ。

まだ若い彼がソウさんにあこがれて、それを自分のものにしようとする姿は、受け継ぐ者と伝えていく者がちゃんといる、そして学校の勉強だけでは習うことのできない、人生にとって大切な「生きる力」が伝えられているのではないかと思いました。

 素晴らしい自然とそこで生きる人間のたくましさを目の当たりにしたわたしは、yangonまでの遠い道のりと、ぐにゃぐにゃ道に悩まされましたが、またここに戻ってきたいと強く思いました。 

ミャンマーの本格ミュージカルガラコンサートが明日開催されます
「ミャンマー製の凧」をビーチで揚げたら・・・!
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年08月25日(日)

Captcha画像

関連記事

2019年06月16日
先日、エンヤンメンバーでふらりと入ったサンチャウンにあるWORKING HOUSEというお店。Working というだけあって、Wifi環境ばっちりでテーブルの近くにコンセントがあったりノマドワーカー...
2017年11月07日
 クンチャンゴン編から続くクンチャンゴンからレッココン(Letkokkone)へは、田んぼの中を綺麗な道が通っています。車よりバイクの通行量の方が多いようです。...
2016年01月19日
パールコンドミニアムのカフェ「La Tartinr」に行ってきました。以前の店舗には何度か行ったことがありましたが、A棟からD棟(パナソニックさんのショールーム隣)に移転してからは初めて。綺麗なショー...
2015年03月07日
グエサンビーチ行きを目前に、最近ヤンゴンであまり見かけなくなった凧を探してみました。ショッピングセンターはおろか、小さなおもちゃ屋さんでも、「売れないからもう扱っていない」という状態・・・。蜘蛛の巣の...
2016年08月19日
忙しい友人と朝のお茶を共にすることになり、チャトリウムホテルのカフェに行ってきました。ロビーをまっすぐ進んで突き当たりを左に行ったところにある、「ロビーラウンジ」という、そのままの名前。...
2017年11月17日
ミャンマーの朝食の代表的な食べ物はモヒンガーですが、モヒンガー以外にもミーシェや、オウンノーカウスエーなども人気です。そんな朝ごはん、ほとんどのお店が屋台で、外国人が安心安全に食べられる場所はあまり多...