ヤンゴン初、電話で呼ぶタクシー「ハロー・キャブ」

ヤンゴン初、電話で呼ぶタクシー「ハロー・キャブ」

昨夜、友人宅でのミーティングが終わったのが11時過ぎ。友人宅は大通り沿いだが、深夜だしタクシーが捕まりにくい場所だ。そこで思い出したのが「ハロー・キャブ」(Hello Cab)というタクシー。コールセンターに電話をしてタクシーを呼ぶサービスだ。それも24時間サービス。今までヤンゴンのタクシーというと、流しのタクシーを捕まえるしかなかった。

こちらの「ミャンマー・日本語教室ブログ」で詳しく紹介されている。
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/27428571.html

まず、コールセンター(01-683688)に電話した。ミャンマー語と英語の自動応答メッセージが流れてきた。ミャンマー語の場合は1、英語の場合は2を選択すると、すぐに担当者に繋がった。乗車場所と目的地を告げ、自分の名前と電話番号を知らせる。乗車場所は分かりにくい場所だと言葉で伝えるのに苦労するかもしれない。実際、私もちょっと苦労した。

すぐに来てほしいと伝えると、30分以内に到着するという返事。待つこと15分、携帯電話が鳴った。タクシーの運転手からで、あと5分ほどで到着するとのこと。ぴったり5分後に表に出ると、あずき色のタクシーが止まっていた。おお、時間通り来ている! ちょっと古い日本の中古車だったが、エアコンもちゃんと効いている。

ヤンゴンで深夜にタクシーに乗ると、えらく飛ばす運転手が多い。男の私でもスピードの出し過ぎではとちょっと怖くなるくらいだ。少しでも多く稼ごうとするするからだ。でも、このハロー・キャブの運転手は安全運転。収入が歩合制ではなく固定制だからだ。運転手に聞くと、1日10,000チャットとのこと。安全運転だったが、運転手との話が弾み気がつくと家だった。

料金を払おうとすると様子がおかしい。何と、私の乗車時にメーターにスタート地点を登録するのを忘れたというのだ。で、正確な料金がわからない。運転手は2,500チャットでいいという。いくらなんでも2,500チャットは安すぎだ。夕方に流しのタクシーで友人宅に行ったときは3,500チャットだった。4,000チャット払うよと言ってもだめだった。結局2,500チャットを支払って降りた。

自宅に戻って調べてみると、距離は約10Kmで、乗車時間は15分ほどだ。「ミャンマー・日本語教室ブログ」に書いている数字で計算すると、3,500チャット程度になる。運転手、会社に戻って怒られなかっただろうか?

ところで、最近のヤンゴンはタクシー強盗の話をよく聞くようになった。日本でタクシー強盗というとタクシーの運転手が被害者だが、ヤンゴンだと運転手が加害者になる。日中はだいじょうぶだが、深夜のタクシーは危ない。特に女性は深夜のタクシー利用は注意した方がいい。また、深夜は酔っぱらい運転ではと思うような運転をするタクシーもある。

ということで、このハロー・キャブは特に深夜タクシーとしておすすめのサービスだ。

大切なペットを安心して診てもらえる動物病院
ヤンゴンにオープン、大阪王将!
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年11月25日(水)

Captcha画像

関連記事

2019年03月27日
先週、急遽ビザの更新でバンコクに行ってきた。私が乗ったAir Asiaの最終便がバンコクのドンムアン空港に着いたのは夜の12時前だった。夜中なのになぜかイミグレは長い行列、結局イミグレを通過したのは深...
2018年07月27日
ある日の夕方、アウンミンガラー長距離バスターミナルに向かうためGrabでタクシーを予約した。5分ほどでタクシーが到着して乗り込んで行き先を告げた。すると、「Grabをキャンセルしてもらえますか?」えー...
2018年01月01日
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、2018年のブログ第一弾はスマホを利用した配車アプリのUberとGrabの話題から。年末年始に旅行でミャンマーに来ている人にもちょ...
2017年06月29日
ミャンマーでもUberが始まったというニュースを見て、早速使ったみた。まずはアプリのインストールとアカウントの新規作成。ものの10分ほどでできたので、行きたい場所を場所を設定した。今回は、レーダンに新...