インターナショナルスクール・カエイさんの米農家見学

ヤンゴンにあるThe Khayay School(カエイ・スクール)さんが、

11月19日に食育の一環として米農家社会見学会を実施。

ヤンゴンの農家さんにお伺いできるまたとない機会と、保護者に交じり同行させていただきました。

The-Khayay-school

同校はインターナショナル・スクールのひとつ。

現在、約20か国、18ヵ月~小学校低学年の子供たち約130人が通っています。

今回の遠足には保護者を含む約200名が参加しました。


渋滞などに巻き込まれつつ、バスに揺られること約1時間半。ヤンゴン北部のミンガラドンに到着。

ミンガラドンは、空港があることで知られていますが、農家が多いエリアでもあるそうです。

辺りは緑の草地が広がり、牛やアヒル(カモ?)がいたりと、とてものどかな雰囲気。

遠くには、黄色に実った稲穂いっぱいの田んぼも見えます。

scenary

子供たちはここで一旦バスから降りて別行動。

トラクターなどの農業機械や稲などを見せてもらうことになっています。

他方の大人たちはというと、お世話になる農家さんの農園へ先に向かい、子供たちを待つことに。

machine

今回お邪魔するのは、国内で高級米とされるポーサンムエという食用米を主に生産している

AAE Co.,Ltdという会社です。

130エーカー(約526,000㎡、東京ドーム11個分以上!)の田んぼを束ねる大規模な農園で、

もともとは種籾を作っておられたそうです。

 

大きな土地を何区画にも分け種作りを行っていたのですが、あぜ道は狭く複雑に入り組み合い、

トラクターなどの乗り入れが難しかったため、約5年前に区画を整備。

さらに種作りは大変手間がかかるということで、食用米の生産に方向転換したとのことでした。

ricefield

今年は乾季に入ったというのに連日の大雨。

いつもは11月頭に収穫を行うのですが、天候不順で収穫が遅れ、

稲を刈るのは12月になりそうだと嘆いていらっしゃいました。

米の価格に響くのではないだろうかと、一消費者としての心配がムクムク湧いてきます…。

 

そうこうするうちに子供たちが到着。

米の脱穀の様子や、プロジェクターによる米作りの説明の後、農家さんへのQ&Aタイムへ突入。

「どうしてお米作りをすることにしたんですか?」

「お米の種ってどうやって作るんですか?」などの質問が子供たちから投げられていました。

Projector

あっという間の3時間。小旅行の疲れもあってか、帰りは子供も大人もバスの中で爆睡。

学校からの帰り道、農家さんからいただいた稲穂を、

大切そうに持って歩く子供たちの姿が印象的でした。

ベトナムのバゲットサンド、バインミーのお店を発見!
「ハンカン / Han Kang」の旨辛韓国料理に舌鼓!
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年06月24日(月)

Captcha画像

関連記事

2014年11月09日
今日は日本人会サークルの一つ 「おはなしのかい ポンピー」の開催日でした。ヤンゴンのコンドミニアム・ゴールデンヒルで、毎月1回・第一土曜日に行われる子供向けの絵本読み聞かせの会です(水祭りのある4月や...
2014年11月15日
ヤンゴンに複数あるインターナショナルスクールのひとつ、International School Yangon (ISY)へ行ってきました。アメリカン・スクールです。...
2015年02月08日
昨晩、2月7日は、日本人学校でヤンゴン日本人会の春祭りでした。日本人会会員は入場の際、5000ks分のチケットをもらうことができ、祭りの屋台で使うことができます。非会員の方や、チケットを使い果たしてし...
2015年03月07日
グエサンビーチ行きを目前に、最近ヤンゴンであまり見かけなくなった凧を探してみました。ショッピングセンターはおろか、小さなおもちゃ屋さんでも、「売れないからもう扱っていない」という状態・・・。蜘蛛の巣の...
2015年11月20日
こちらMOMO LAND、レーダンセンターの(日本で言う)4階にもありましたが、久しぶりにダゴンセンターIIへ行ったら、こちらにも発見!(日本で言う2階)  ...
2016年10月10日
いつの間にかオープンしていたMyanmar Plaza横のMELIAホテル。インタナショナルレストランのThe Marketでランチをしてきました。スペースが広く、ホテルビュッフェの基本はおさえ、デザ...