志の輔師匠がやって来る!

きたる10月24日、「ためしてがってん!」でおなじみの落語家の立川志の輔さんがヤンゴンにやってきます。

場所はノボテルホテルのボールルーム

時間は17:30開場 18:00開演 

料金は35$です。(自由席)

b2ap3_thumbnail_1_20151012-073320_1.jpg

 

アジアではシンガポール、タイ、ベトナム。フィリピンと公演をされている志の輔さん、ミャンマーでの公演は今回で2回目の来緬で、前回は去年の3月でした。

私は去年生まれて初めて落語を聴きに行ったのですが、落語があんなに面白くて泣けるものだなんて知りませんでした。

気がつけば目の前にその世界が広がっているような、そんな気持ちになるような話し方。

そばを啜る音等の効果音がどの席のお客様にもキチンと聞き取れるようにミリ単位でスピーカーの位置を調整されたと聞いた時には、海外の色んな会場で勝手が利かない事が多い事でしょうが、それを(仕方ない)にしないプロが故の厳しさにも、これがプロの噺家なんだ、と感動しました。

 

今回の公演は一夜限りの公演とのことで、席数も270席と、今のヤンゴンから考えると少ないと感じる席数です。

販売は既に開始されていますのでご興味のある方々は早々にお買い上げなさったほうがいいですよ。

 

ちなみに小学生以下は入場できないそうです。

前売りチケットの販売所は、

ジャパンクラブ ・ゴールデンヒルタワー ・一番館 

・サイトラベル ・ミャンマージャポン ・ヤンゴンプレス

です。(※まとめての購入は一人3枚まで)

 

自由席なので、良い席で聴きたい方は早めに行って並ぶのが◎

去年は入場の時におはぎを配ってもらえたので、休憩中に食べました。

お茶も配ってもらえましたよ。

 

ラテン料理の店、サルー(SALUD!)に行ってきた
ポート・オートノミー(Port Autonomy)にいってきました
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年12月11日(水)

Captcha画像

関連記事

2015年05月08日
サインワイン楽団の村巡業に同行してきた。ヤンゴンなどの都会では古臭いと言われてあまり見る機会のないこの楽団を見に、ポパ山近くの町、チャウパダウンまで行ってきたのだ。サインワイン楽団がこんなに素晴らしい...