禁断の水質調査をやってみた

禁断の水質調査をやってみた
7〜8年前、某機関の方に「ヤンゴンの水は絶対に飲んじゃだめだよ」
と聞かされて以来、料理に使う水はもちろん、ゆで卵もパスタも素麺をしめる水もボトルの水を使っている私。
「おなかには自信がある」と言ったら、
「おなかを壊すとかじゃなくて、有害物質が入ってるから」と、言われ改心しました(それまで、ゆで卵くらいいいかな?と思ってた)。
でも、洗顔や歯磨きで使うのはやっぱり水道水。
 
だいじょうぶかな・・・? と思いながらも放置してきましたが、最近、なんとなくだけど家の水の水質が変わったような気がしてとうとう思い立ちました。
 
調べたところ、浄水器を扱うお店が35,000Ks前後で水質調査をしてくれるとのこと。
 
でも、もう少し調べたら専門の検査機関もあるようなので、結局のところそこにお願いすることになりました。
 
必要なのは汲みたてのお水。私は検査用のお水を汲み、急いでもって行っていきました。
 
検査機関がある場所はインセンのPORO1の先にあるミャヤワディー銀行の数軒隣の白いビルの1階。
 
 
「ISO TECH」と言う看板が緑に隠れて見えにくいです。
 
建物の駐車場側から入って2Fに上がるとオフィスの入り口がありました。
 
調査項目は全部で40種類。
1つ1つに値段がついているけど、18種類調査で、19,000ks。23種類の場合は32,000ks、40種類で148,500ksと、セット価格で決まっていました。
 
私が調べたかったのは飲み水じゃないので19か23種類のどちらかで大丈夫と言われたのですが、
「23種類のものにしたら、ほとんどの事がわかるよ」と言われ、23種類を選択。
 
結果が出るのに3~5日かかるそうですが、私は金曜にお水をもっていったので結果発表は翌週の木曜日。私の後に水を持ってきた人が「もう少し沢山お金払ったら早く結果でる?」と聞いていましたが、お姉さんは「出来ません・・」と言っていたので検査って時間がかかるんだろうなーと思いました。 
 
ちなみに、私の家はダゴン・タウンシップで、お家の水は井戸水。
さあ、何が出るでしょう・・・ 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
と言う事で結果が出ました。(取りに行くのが面倒だったのでE-mailで送って貰いました)
 
私のお家のお水はこんな感じ!
 
 
早速ISO TECHに電話して診断結果を聞いたところ、真ん中が私の家の水の診断結果で、右側に書いてるのがWHOが認定する基準値だそうです。
 
正直、何が何だかわからないので、とりあえず聞いてみると、PHが低いことと、硬度が低いことがあまり良くないらしい。電話で詳しく聞くのが面倒だったので、あまり突っ込んで聞けませんでした・・・。
 
でも取りあえず、PHを安定させるために浄水器を付けたほうが良いとの事。
 
Ph5.8って弱酸性だし、日本のお水も軟水だし、何が悪いのか逆にわからなくなって悩むことになってしまいました。
 
パンドラの箱を開けてしまったせいで、なんとなくの悩みがよくわからない悩みに変わってしまったのですが、餅は餅屋。浄水器買おうかなぁ。
 
と、浄水器屋さんに電話をする私でした・・・。
 
日本とミャンマーの文化交流センター、ジャパンカルチャーハウス(Japan Culture House...
台風直撃でもANAは飛んでくれました
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年12月10日(火)

Captcha画像

関連記事