結婚式に行ってきた

知人の知人の結婚式に行ってきました。

全く面識のない方の式で、招かれたわけではありません。

「えっ、なんで見知らぬ人の式に出席できるの?」と違和感を覚える方もいるかもしれませんが、

ミャンマーではよくあるスタイルです。

km 20141114 2004-2

 

来客に出す食事の量などを、どのように用意しているのかという素朴な疑問を

同じテーブルにいたミャンマー人にぶつけてみると、

「新郎新婦が事前に、一人頭どのくらいの人数を連れてくるかざっくり検討し、多めに用意する」

という回答でした。

足りなかったり、逆に余ってしまったり、なんてこともあるんでしょうね。

 

席順等は日本と同様、新郎新婦に近い席には会社の上司などの主賓が座ります。

新郎新婦の入場スタイルや、二人が各テーブルを周って来賓に挨拶したり、

写真を撮ったりという姿は日本のそれと似ています。

式の日取りは占い師に占ってもらって決める、出席者は式が始まると適当な時間に来て、

適当に帰っていく、というのがミャンマーらしい点でしょうか。

km 20141114 2004-3

 

披露宴自体は全体で2時間くらい。

今回はホテルが会場だったのですが、ポロシャツなど、一見カジュアルな格好の方も結構いました。

お祝いしたい人が気軽にやって来ることができる、そんな雰囲気の素敵な式でした^ ^

 

受付には招待客からのプレゼントが山盛り。

最近はお金を包む人も多いとか。

km 20141114 2004-4

 

同僚、知人、親戚…大勢の人に囲まれて、幸せそうなお二人。

末永い幸せをお祈りしています ^ ^

イタリアンレストラン「カフェ・ディバール」
おはなしのかい ポンピー
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年07月03日(金)

Captcha画像

関連記事

2017年10月28日
 ミャンマーで有名なロックミュージシャンであるノーノー、縁あって彼の結婚式に先日(1ヶ月前だが)招待された。招待状を見ると、朝は教会で結婚式が行われ夜は最近オープンしたロッテホテルでの披露宴...
2017年10月30日
教会での結婚式のランチで腹いっぱいになったが、夕方になるとまた腹が減ってきた。何か口に入れたかったがここは我慢だ。というのも、夜7時からロッテホテル(韓国のロッテ資本)で披露宴が待っているからだ。タク...