ヤンゴンに残る植民地時代の変なもの

ヤンゴンに残る植民地時代の変なもの

あけましておめでとうございます。
Enjoy Yangon を始めて1年ちょっと経ちました。今年もよろしくお願いいたします。

今年初めての話題はこの写真。家の近くにこの石柱があった。隣で営業中の露店の人たちに聞いても、ずっと昔からあるということはわかったが、それ以上のことはわからない。最初は測量の基準点かと思ったが、調べてみるとこんな形をした基準点はなかった。石柱には文字が刻まれていた。

 

CRP
No 8
1910

最初のCRPのRの文字がはっきりせず、CAPまたはCBPまたはC9Pかもしれない。最後の1910はたぶんこれが建った年だろう。となるとやはりイギリス植民地時代だ。でも、これが何なのかはわからなかった。

ミャンマーには今でもこうした古いものが無造作に残っている。注意深く歩くといろいろなものを発見しそうだ。

ふたりの日本人による絵画展(意外な展示物も)
庶民的な日本料理の店 MJ Cafe に行ってきた
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2020年05月31日(日)

Captcha画像

関連記事