ミャンマー茶で玄米茶を作ってみた

 

日本から来た友人に玄米茶をもらった。ひさしぶりに飲む玄米茶はおいしく、ほどなくなくなった。最近のヤンゴンではスーパーで日本茶も売っているが、高いし種類も少ない。となると、余計に玄米茶を飲みたくなる。ならば、自分で作ろう。

ミャンマーの牛乳で作ったアイスクリームはハーゲンダッツを超えるか

ヤンゴンの高級スーパー、マーケットプレイスのシティーマートでハーゲンダッツを見つけた。値段は370mlの1パイントで何と19,000Ks(1.776円)。日本の倍の値段だ。ハーゲンダッツ好きの私としては買いたかったが手が出ない。それではということで、自家製の手作りアイスクリームに挑戦することにした。

ミャンマーの野菜を塩麹で漬物にしてみた

先日、日本から来た友人に麹を持ってきてもらった。宝暦12年創業、大分伊達屋の麹だ。その麹にミャンマーの塩とミャンマーのミネラルウォーターを入れて待つこと1週間。塩麹ができた。この塩麹、漬物も簡単にできるということで、ミャンマーの野菜をいくつか漬けてみた。

ミャンマーで一番人気の米、ポーサンムエの炊き方

ミャンマーにもコシヒカリのような米がある。それが、ポーサンムエ(Paw San Hmwe)と呼ばれている米だ。元々、イラワジデルタ地帯にあるバテインがオリジナルの地だ。ポーサンムエは直訳すると「初めて出てきた香り」というような意味で、香りが良いことで知られている。また、食感もパサパサした一般のミャンマー米と比べるとしっとり感があり、粘り気が強いシャン米にちょっと近いという。

関連記事