食べる

生活や旅行の楽しみといえば、やっぱり「食」! ヤンゴンに数ある飲食店の中から選りすぐりのレストランをご紹介。

Aung Thu Kha (アウントゥカ)

ビルマ(ミャンマー)料理
Bahan Township

Savoy Hotel近くのローカル食堂。できたておかずの中から食べたいものを指さしで選ぶ。お昼の遅い時間には売り切れてしまうことも。

Khaing Khaing Kyaw (カインカインチョー)

ビルマ(ミャンマー)料理
Kamayut Township

ミャンマー人も好んで食べるビルマ料理店。ピーロード近くの便利な場所にある。朝食はモヒンガーやヌードル、それ以外の時間帯はビルマ料理を食べる客で一日中賑わっています。

999 Shan Noodle Shop(999 シャンヌードル)

シャン料理
Kyauktada Township

ヤンゴンで一番古いシャンカウスエ(シャンヌードル)の店。1970年代にオープンした店で、1990年代までヤンゴンでシャンヌードルの店というとここぐらいしかなかった。シャンヌードルはシャン州で多く食べられている緬だが、同じシャンでも地域によって味が違う。ここのオーナーはお茶で有名なナムサン出身。さっぱりとしたナムサンのシャンヌードルはやはり汁あり緬で食べたい。

Maw Shwe Li(モーシュエリー)

シャン料理
Dagon Township

たぶん、私(後藤)が今までヤンゴンで一番多く通った店。レストランというよりもビールメインの居酒屋系(ミャンマーではビアステーションと呼ばれている)の店で、料理はシャン料理が中心で、酒のツマミになるようなものが多い。いつも地元の人たちで満員。うまい、安い、早いの三拍子そろった店だ。

Kokang Kou Fu (コーカン・口福)

その他ミャンマー料理
Ahlone Township

店員さんの愛想よし。聞けば丁寧に何でも答えてくれるサービス精神が嬉しい。シャン州のコーカン地域の料理だが、日本人の口に合うものも多く、地元客や日本人客で賑わっているなど、味は確か。

FAMILY SUSHI (ファミリー寿司)

和食(日本料理)
Tamwe Township

日本帰りのミャンマー人寿司職人が握るお寿司屋さんで、ミャンマー人のお客さんが多い。うなぎなどいろいろなメニューがある。回転がいいため、いつでも新鮮なネタが食べられる。

Furusato(ふるさと)

和食
Bahan Township

ヤンゴンで最も古い和食レストラン。創業は1985年と、日本人がほとんどいなかったネ・ウィン時代に始めた店だ。古民家風の造りの店内に入ると、「ふるさと」という名前の通り、日本人にはほっとできる場所だ。料理も寿司、天ぷら、すき焼きはじめ、いろいろな日本食が揃っている。

Kamakura Marina (鎌倉マリーナ)

和食(日本料理)
Mayangone Township

値段はやや高めだが、コスパよし。タイや日本へ定期的に買出しに行き仕入れている食材を使っているほか店員さんの教育も行き届いている。

Nagasaki Tei (ながさき亭)

和食(日本料理)
Mayangone Township

高級和牛焼肉・しゃぶしゃぶのお店。落ち着いた空間、ワインが充実、要予約。ディナー予算は100ドル程度。ランチは手頃でおいしい。

Shiki-Tei (四季亭)

和食(日本料理)
Dagon Township

Park RoyalHotel2階の和食店。ビュッフェはミャンマー人に大人気。接待での使用もお勧め。掘りごたつ式個室2部屋は要チャージ。

Yhet's Sushi & Soba (家津 / イエッツ)

和食(日本料理)
Kyauktada Township

ダウンタウンにある、ちょっとしゃれた居酒屋。日本人客でいつもいっぱい。料理も日本の居酒屋とくらべても遜色ない。ヤンゴンで手打ちそばを食べられるのはここだけ。2017年に日本語の店名が「イエッツ」から「家津」に改名。