高野秀行のミャンマーお悩み相談

ミャンマー関係の素晴らしい本を3冊も書いている作家、高野秀行氏がミャンマー人、ミャンマーに住む人たちの悩みに回答します。こちらは高野さんのブログ

【高野秀行のミャンマーお悩み相談】携帯ゲームにはまって仕事が手につきません

20代 ミャンマー人男性より

携帯電話のゲームにはまっています。対戦型ゲームなため、相手の攻撃に応戦しないと負けてしまうため、会社のデスクの引き出しに携帯を隠し、合間合間に引き出しを開けプレイを続行せざるを得ません。

こっそりやっていたつもりが、上司から丸見えだったようで、注意もされてしまいました。このままでは仕事が手につきません。どうしたら、ゲーム中毒から脱せるでしょうか?

keitai game

 
takano 02 150高野秀行から回答

対戦型のゲームはたしかに楽しいですよね。でもこのままではあなたの人生がめちゃくちゃになってしまいそうです。かといって、急にはやめられないでしょう。

この際、別のゲームに移行してはいかがでしょう。お勧めは日本の囲碁か将棋です。両方ともとても面白いですよ。ボードゲームなので仕事中はできないですし、これならゲーム中毒になっても問題ありません。著名な文化人や企業経営者でもファンはたくさんいます。

この質問が私のところに届くということは日本人の知り合いか友だちがいるということでしょう。その人のツテをたどって、誰か教えてくれる人を探してみましょう。

囲碁や将棋の好きな日本人は、ミャンマーの人がそれに興味をもってくれればきっと喜ぶと思います。友情が芽生え、もしかすると将来的には良い仕事につながるかもしれません。一石二鳥か三鳥の結果が得られるかも知れず、ぜひ試していただきたいものです。