2018年のミャンマーのカレンダー

ミャンマーの祝祭日はミャンマー独自の太陰暦で決まるものが多く、例年10月頃に翌年の暦が発表されます。今年はいつもより1ヶ月ほど早く2018年のカレンダーが発表となりましたので、早速お伝えします。

 

 祝日名備考
1月 1 (月) International New Year Day (新年)  
4 (木) Independence Day (独立記念日)  
2月 12 (月) Union Day (連邦の日)  土・日・月で3連休
3月 1 (木) Tabaung Full Moon (タバウン満月)  
2 (金) Peasants Day (農民の日)  木・金・土・日で4連休
27 (火) Armed Forces Day (国軍記念日)  
4月 13 (金)~16(月) Water Festival (水祭り)  
17 (火) Myanmar New Year (ミャンマーの新年) 13~17日で5連休 
29 (日) Kasong Full Moon (カソン満月)  
5月 1 (火) May Day (メーデー)  
7月 19 (水) Martyrs Day (殉職者の日)  
27 (金) Waso Full Moon (ワゾー満月)  
10月 23 (火)〜25(木) Thadhingyut Full Moon (ダディンジュ満月) 3連休 
11月 21 (水)、22(木) Tazaungmone Full Moon (ダザウモン満月) 2連休
12月 2 (月) National Day(国民の休日) 土・日・月で3連休 
25 (火) Christmas(クリスマス)  
31 (月) International New Year Holiday(国際的正月) 土・日・月で3連休


注)ヒジュラ暦で決められるイスラムのEid Day、ヒンドゥ暦で決められるDeepavaliも祝日になりますが、例年直前に発表されます(例年9~11月ごろ)。

2017年のカレンダーは2017年3月の政府通達によりミャンマー正月休暇がかなり混乱しましたが、2018年は発表通りの暦になりそうです。

写真・文:Khine Khine