ジャパンミャンマープエドー2018、森崎ウィン、AKB48メンバーが出演

pwe_taw_2018_top

今月2月24日にヤンゴンで開かれるジャパンミャンマープエドー2018(Japan Myanmar Pwe Taw 2018)、今年で4回目だ。このジャパンミャンマープエドー、昼間は日本食の屋台や文化紹介のブースなどで「日本」を楽しみ、夜は音楽コンサートで盛り上がるという祭りだ。

ということで、今年のコンサートの出演者を紹介したい。

日本とミャンマー共演ステージ

日本とミャンマーの伝統楽器によるコラボレーションステージが行われる。

ディラモー

全体をプロデュースするのはミャンマーのディラモー。彼は若い頃ポップミュージックのミュージシャンとしてデビューしたが、今は国立芸術文化大学の音楽学部長も務める。また、日本の東京藝術大学の音楽学部作曲科に留学経験があり、ミャンマー古典音楽のアーカイブ化も進めているという多彩な顔を持つミャンマー音楽界の第一人者だ。

ディラモーのアルバムから

AUN J クラシック オーケストラと Nadeshiko J Ensemble のメンバー

日本からの参加は AUN J クラシック オーケストラとNadeshiko J Ensembleのメンバー。AUN J クラシック オーケストラは2008年に結成された和楽器のみのユニット。各楽器の第一線で活躍する邦楽家8人が集まり、和楽器による新しい音楽を目指している。Nadeshiko J Ensembleは、東京藝術大学卒の3人組女性ユニット。箏、十七絃箏、尺八で凜とした音を奏でる。

今回は AUN J クラシック オーケストラ から篠笛奏者の山田路子と、Nadeshiko J Ensembleから箏奏者の渡部祐子が出演する。

AUN J クラシック オーケストラの公式WEBサイト
http://www.aunj.jp/jpn/jpn.html

Nadeshiko J Ensembleの公式WEBサイト
http://www.japan-entertainment-theater.jp/member2/nadeshikoj.html

AUN J クラシック オーケストラのマレーシアでの公演

日本側の出演者

PrizmaX

去年に引き続き、ダンスボーカルユニットのPrizmaX。PrizmaXのメンバーの一人、森崎ウィンはミャンマー人だ。子どものころ親と一緒に日本に渡った。去年はスティーブン・スピルバーグの映画「Ready Player One」に主要キャストの一人として出演した。彼は去年のジャパンミャンマープエドー出演がきっかけでミャンマー国内でも知られるようになった。アウィン というニックネームで特に女性たちに大人気だ。今年は彼目当てでミャンマー人がたくさんコンサートに来ると思われる。

森崎ウィンのボーカルはなかなか聴かせる

<

AKB48 with BNK48(AKB48とBNK48のメンバー)


あのAKB48のメンバー4名とバンコクで活動しているBNK48のメンバー2名がヤンゴンにやってくる。ジャパンミャンマープエドーの公式Facebookページだと写真だけで名前は出てないが、AKB48 Team8の公式サイトでは、坂口渚沙、山田菜々美、人見古都音、大久保美織、伊豆田莉奈、宮里莉羅の名前が上がっている。

ミャンマー側の出演者

ニーニーキンゾー(Ni Ni Khin Zaw)

実力派人気歌手のニーニーキンゾー(Ni Ni Khin Zaw)は今年で3回目の出演。歌の実力と親しみやすいキャラクターで幅広い人気がある。

アムーン(Ah Moon)

ミャンマー初のガールズグループThe Tiger Girls(Me N Ma Girls)のメンバーだったアムーン。ミャンマーでは珍しく露出の多い歌劇なファッションということで、一部の保守的な人たちからは反発もあるが、若者には大人気だ。アムーンも今年で3回目の出演。

ビリー(Billy)

ビリーはオーディション番組ミャンマーアイドル(Myanmar Idol)がきっかけでプロになった歌手。

ターンゲ(Thar Nge)

ターンゲもオーディション番組ミャンマーアイドル(Myanmar Idol)でプロになった歌手。ミャンマーでは数年前からこの視聴者参加型のオーディション番組がいくつかあり、どれも人気になっている。

 

ジャパンミャンマープエドー2018公式Facebook

https://www.facebook.com/jmpt2018/

なお、今回は場所がThuwunna Bhumi Event Parkに変更になった。間違えないように。

 

シャカリキ432に行ってきました
ヤンゴンのタクシー、UBER(ウーバー)とGRAB(グラブ)の闘い
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2018年08月15日(水)

Captcha画像

関連記事

2018年03月11日
ミャンマーにはトラックに乗って村を巡りながら演奏する楽団があるというのは昔から聞いていた。ぜひ見に行きたいと思いながら初めて見たのが3年前の2015年4月、古くからの友人、石谷さんと兵頭さんが一緒だっ...
2017年12月08日
西川浩平さんは日本の横笛奏者でミャンマーで何度かお会いしたことがある。元々は西洋クラシックのフルート奏者だったが邦楽の横笛奏者に転身したという異色の音楽家だ。その西川さんが、12月10日にジャパンカル...
2017年11月19日
ミャンマー国営テレビ (MRTV)での収録にお邪魔してきました!ゲートで、首から下げるパスを貰って中へ。ピーロード沿いの緑あふれる広い敷地。テレビ、ラジオ局が入っています。...
2017年10月30日
教会での結婚式のランチで腹いっぱいになったが、夕方になるとまた腹が減ってきた。何か口に入れたかったがここは我慢だ。というのも、夜7時からロッテホテル(韓国のロッテ資本)で披露宴が待っているからだ。タク...
2017年10月28日
 ミャンマーで有名なロックミュージシャンであるノーノー、縁あって彼の結婚式に先日(1ヶ月前だが)招待された。招待状を見ると、朝は教会で結婚式が行われ夜は最近オープンしたロッテホテルでの披露宴...
2017年08月12日
先日、ヤンゴンのレコーディングスタジオに行ってきた。レコーディングスタジオといってもヤンゴン郊外の一軒家、ヤンゴン文化芸術大学のディラモー先生の自宅だ。タクシーで到着すると、自宅を改造したスタジオらし...