ヤンゴン郊外モービーでの植林ツアー2017

shokurin_201707_2

2年前から始まったヤンゴン郊外のモービーで行われる植林ツアー、3回目になる今年も7月にモービーで行われる。この植林ツアーは「生活の森プロジェクト」を支援するもので、引率はミャンマーの自然・動物専門家でもある写真家の大西信吾さん。

モービーはヤンゴンから1時間半ほどの距離だが、豊かな自然が広がっている。モービーにある中央林業開発訓練センター(CFDTC)演習林内で村民と一緒に「生活の森」を育てるのが植林体験ツアーだ。朝は鳥の鳴き声で目覚め、夜は虫の鳴き声に癒される。都会の喧騒から離れ、自然の中での暮らしを体験できる。

コミュニティーフォレストリー(CF)について
コミュニティーフォレストリー(以下CF)とは「住民による森林維持拡大を目標とした国家制度」。生活の森プロジェクトはCFの一環として、地域村民と一緒に植林~収穫までの作業をし、村民の生活向上と本当に守られるべき森を守ることを目標に活動をしている。村民と一緒に活動することでミャンマーから学び、私たちからも学びを与えられるような活動を目指している。

生活の森プロジェクトとは?
木を植え、手入れを継続し森を育てる。木材を収穫して収入を得、そしてまた植えて育てる。暮らしによりよい環境と報酬をもたらし循環する日常空間、「生活の森」の育成を村の人たちと一緒に目指している。

 

主催 ミャンマー生活の森プロジェクト事務局
引率 大西 信吾
琉球大学卒業。雪山から離島までミャンマー各地を訪ね、野生動物の態や自然と共存する人々の暮らしなどを文と写真で紹介する森林インストラクター。
日程 2017年7月1日(土), 2日(日)
参加費 180,000ks
※参加費に含まれるもの:食費、交通費、宿泊費、 ミャンマー生活の森プロジェクトへの協賛金
申込み締切 6月20日(火)
Facebook https://www.facebook.com/forest4life.mm/
問い合わせ先 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (小野寺)

 

スケジュール
7/1(土) ヤンゴンからモービーへ。休憩後、植林地へ。
CFメンバーから講習を受け、作業体験。
その後、村民のお宅訪問。

夜にはホタル観察探検!※参加自由
CFDTC泊

7/2(日) 日中 植林本番!村民と一緒に2エーカーに苗木を植えましょう!
夜はCFメンバーとの交流会。
その後、ヤンゴンへ。各希望地まで送迎します。

 

 

東京トマトカフェに行ってきました
ミャンマーの正月(水祭り、ダジャン、ティンジャン)の休みが10日間から5日間へ突然短縮された
 

コメント

コメントはありません
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2017年09月22日(金)

Captcha画像

関連記事

2015年05月20日
ミャンマーの自然や動物については第一人者である写真家の大西信吾さん、「ミャンマーに残るワニの生息地 メインマラー島自然保護区への旅」でもお世話になりました。その大西さんが引率する植林体験ツアーが7月と...
2015年07月18日
朝起きたらとてもいい天気!折角なので街の喧騒から抜け出して、ローガ公園へ行ってきました。(Hlawga Park, Hlawga National Park, Hlawga Wildlife Park...
2015年07月21日
先日の「ヤンゴン・街の喧騒から抜け出してプチトリップ! 自然・動物いっぱいのローガ公園へ日帰りしてきました」で触れた、ミニ動物園に少し寄ってみました。チケット売り場横の駐車場に車を置き、徒歩で入ります...
2016年05月03日
ミャンマーの動物について第一人者の大西信吾さんが、横浜で講演会と写真展を開きます。大西さんはこちらのエンヤンの記事でも紹介したように、ミャンマーの動物や自然に非常に詳しい写真家です。 ...
2016年05月27日

去年ヤンゴン郊外のモービーで行われた植林ツアーに引き続き、今年も「生活の森プロジェクト」を支援する植林ツアーが行われる。引率はミャンマーの自然・動物専門家でもある写真家の大西信吾さん。

2016年06月06日
昨夜、友人からスマホの写真を見せられた。「この花知ってる?」厚ぼったい赤紫色の花びら。質感はチューリップのよう。中心が奇妙だ。白い舌のような花びらがクルリとUの字に曲がって、その先にたくさんの黄色い雄...